土地持ちの相続税申告のポイントについて

相続税を申告する際のポイント

相続税を申告するときには慣れないことなので緊張すると言うこともありますが、ほとんどの人が初めて経験するため、トラブルを招きやすい面があります。
そこで次のようなポイントをしっかりと押さえておくことで安心して手続きを進めることができます。

ポイントは財産評価と遺産分割と納税

その際のポイントは、財産評価と遺産分割と納税の3つになっています。
財産評価に関しては、土地評価と税務調査対策の2つが大きなポイントになります。

土地の評価は税理士に左右されます

ここで大切なことは土地の評価をどの程度安くすることができるかです。
決められている評価方法を利用して土地の評価を下げると言うことを行っていきます。
この作業は税理士によって行われますが、税理士によって土地の評価が大きく異なっていきます。
したがって相続税も異なってきます。

遺産分割はやり直しがききません

税務調査は基本的に金融資産を対象にして行われるようになっています。
そして遺産分割に関してですが、これはやり直しができないようになっています。
したがってここで適切な分割をすることができなければその後の生活に大きな影響が出てくることもあります。
したがってしっかりとライフスタイルをシミュレーションすると言うことが大切です。

土地を処分するのも物納するのも時間がかかります

納税に関しては現金で行うことがでいれば大きな問題は発生しません。
しかしなかには現金で納税をすることができないというようなこともあります。
この場合延納でも納税をすることができないというときには、物納という方法を利用することができます。
ここで相続物件を売却したり物納したりという方法を利用することがありますが、早めに納税の準備をしておくということが大切です。
早めの土地診断や納税方法、このほかに信頼できる税理士を探すと言うことも大切なポイントとなります。
相続税の申告に関しては期限が設けられており、その期間は10ヶ月以内となっています。