民法で定められている法定相続人と法定相続分

相続人の範囲

人が亡くなると相続が発生します。相続が発生すると、相続人に相続の権利が発生します。では相続人とは一体誰がなることができるのでしょうか。

法定相続人の相続分が法定相続分

民法により、相続人となれる人は決められています。この民法により決められた相続人を、法定相続人と言います。法定相続人が何人もいる場合には、相続財産を分ける必要がありますが、この分ける割合も民法により定められています。この割合のことを法定相続分と言います。では法定相続人と、その法定相続分を確認していきましょう。

相続人の種類

配偶者は必ず相続人となることができます。第一順位の相続人は、子や孫の直系卑属です。第二順位の相続人は、父母や祖父母の直系尊属です。そして第三順位の相続人は、兄弟姉妹と決められています。

配偶者がいる場合の相続について

配偶者が存命でその他の相続人がいる場合や、子が2人以上いる場合など同順位の相続人が複数いる場合には、法定相続分により相続財産を分けることになります。
配偶者のみが相続人の場合には、配偶者が全てを相続します。その他の第一から第三までの相続人のみの場合にも同様ですが、同順位内で複数の相続人がいる場合には頭割りをします。

法定相続のケースサンプル

配偶者と第一順位の直系卑属が相続人の場合には、配偶者が1/2、直系卑属が1/2を相続します。直系卑属が複数いる場合には、1/2を頭割りします。
配偶者と第二順位の直系尊属が相続人の場合には、配偶者が2/3、直系尊属が1/3を相続します。直系尊属が複数いる場合には、1/3を頭割りします。
配偶者と第三順位の兄弟姉妹が相続人の場合には、配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4を相続します。ただし、異父兄弟や異母兄弟である半血兄弟の法定相続分は、全血兄弟の1/2となるため注意が必要です。”