遺産相続で揉めやすい不動産の扱いについて

身内でも揉める相続問題

遺産相続の際に不動産が残されていると言うことも珍しくありません。
このときには不動産相続に関する知識をしっかりと頭に入れておく必要があります。
それはなぜなのかというと、相続人の間でもめ事が発生する確率が高くなっているからです。

不動産の相続は高い確率で揉めます

遺産の配分を巡っては、身内でのもめ事はたくさんあります。
とくに不動産が関係する相続の問題に関しては、今も昔も変わりません。
相続にはさまざまなケースがあるので、すべてに当てはまると言うことはありませんが、トラブルを避けるためにも基本知識を最低限は身につけておくことが必要になります。

不動産相続では相続税がかかることがあります。

相続税は基本的に亡くなった人の財産を相続や遺贈によって取得したときに、この取得した財産にかかるようになっています。
この場合の財産とはどのようなものかというと、現金や預貯金や有価証券、このほかには宝石や土地や家屋なども含まれます。
特許権や著作権など金銭に換えることができる経済的価値のあるものはすべて含まれるようになっています。

不動産だけで無く負債も相続するのでご注意下さい

しかしここで注意しなければいけないことがあります。
相続の対象となっているのは必ずしも自分にプラスになるものだけではありません。
亡くなった人の借金や連帯保証人などのマイナスの遺産も対象となっています。
相続財産に関する書類は次のようになっています。

相続財産に関する書類

それは預貯金の残高証明と土地家屋の評価証明になります。
土地家屋の登記簿謄本や構図、未評価の建物に関しては請負契約書の写しとなります。
有価証券の明細や非上場企業の場合には法人税申告書、生命保険の証書や領収書や賃貸契約書の写しなどが必要になります。
また遺産相続の際には、受け取ることができる順位が決められていると言うことを忘れないようにしましょう。