詳しい法定相続人の範囲と内容

法律で決められる法定相続人

虹が架かる相続においてその順位や内容は難しくなっています。
しかし詳しく決めておくことで、相続の際の争いを避けることができます。
亡くなった人の相続を受ける際には、この被相続人の一切の権利義務を受け継ぐことになる立場の人が出てきます。
これを法定相続人といいます。

相続人は全ての財産を引き継ぐ

違算相続をするときには、被相続人が残した相続財産を受け継ぐことになります。
ここで気になるのは誰がこの相続人になるかということです。
これは民法によって決められています。
被相続人が残した財産をすべて引き継ぐという形になるので、プラスの遺産だけではなくマイナスの遺産も引き継ぐことになります。
このことをしっかりと把握しておくようにします。

法的に定められている相続人は子どもや直系尊属のみ

法律で決められているので法定相続人と呼ばれているのですが、この権利があるのは相続が開始したときに存在している子供や直系尊属や兄弟姉妹や配偶者となっています。
子供とひと言で言っても養子や非嫡出子などがいます。
これらの人に関してもすべて相続人になることができます。
直系尊属に関しては、自分の先祖にあたる人のことを言います。
したがって父母や祖父母だけではなく、曾祖父母も含まれます。
しかし子供や直系尊属や兄弟姉妹や配偶者のすべてが相続人になることができるわけではありません。

遺贈を受けるには法的な根拠が必要です

このほかにも親族がいますが、これらの人に関しては法定相続人になることができません。
しかし遺贈を受けることはできます。
法的な根拠を示す公正証書遺言があれば、特別な遺産相続が可能です。
LGBTのパートナー、内縁関係の妻や夫なども、同じく遺贈を受ける立場です。

相続人に関しては優先順位が決められています。

子供が第一順位で直系尊属が第二順位、また兄弟姉妹が第三順位となっています。
配偶者がいる場合には他の相続人とは違い、必ず相続人なることができると決められています。
すなわち優先順位が設けられていないと言うことになります。
揉めることの無いよう、誰が遺産を相続し、取り仕切る立場になるのか、きちんと把握しておきましょう。