基本的な相続税の仕組みについて

相続税の対象は富裕層が中心

相続税とはなくなった人が残した財産を相続や遺贈という形で受け取ったときに、この取得した金額に課せられる税金のことになります。
この税金の計算方法に関しては、税金の基礎控除の金額は非常に大きくなっています。
対象となっているのは遺産を残して亡くなった方全体の5パーセントとされ、たくさんのお金を持っているというような資産家でない限りはあまり心配することはありません。

相続税には控除が設定されています

また相続税にはいくつかの控除が設けられています。
それは配偶者控除や贈与税額控除や未成年者控除、このほかには障害者控除や相次相続控除などです。
さまざまな税額軽減措置と税額の割り増しが認められていると言うことをあらかじめ理解しておきます。

配偶者には控除があります

配偶者控除とは、配偶者が相続をした財産が法定相続分であったり1億6000万円までの金額の場合には、税金が必要ないと言うようになっています。
なぜこのような控除が認められているのかというと、これは夫婦の財産に関しては、二人で協力して築き上げたものであるという考えがあるからです。
税金がかからないという場合にはとくに手続きをしなければいけないと言うことはありません。
しかし配偶者控除を受けるためには申告をしなければいけないので、一般的にはこれらの注意点が相続の基本となります。

LGBTのパートナーは配偶者と認められていません

ただし、日本の法律では同性愛の人は法的に婚姻関係にあると認められていません。
そのためこの法的な優遇を受けることはできません。
2016年現在は遺贈扱いとなります。
どちらかが亡くなった場合に問題が少しでも少なくなるように、生前に互いに法的な効力を持つ遺書を作ることをおすすめします。

死亡前に生前贈与を始めておくのも良いでしょう

生前贈与も有効な遺産相続の方法です。
贈与税控除額は相続が始まる3年前の贈与に関しては相続税の課税対象となっていますが、これは純粋な遺産ではありません。
したがって税金の税額控除の対象となっています。
これは贈与税額控除とされています。

法廷相続人が未成年の場合には特別な控除があります

法定相続人が未成年の場合には未成年控除を受けることができます。
この場合の計算は20歳から相続開始したときの年齢を引き、これに6万円をかけたものになっています。
法定相続人が70歳未満の障害者の場合には、税金の障害者控除を受けることができるようになっています。
LGBTの方は、まずは相続対象者の選定、洗い出しからはじめてみてください。